• RSSを購読する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(下に続きます)
スポンサード リンク

武藤嘉紀

@yoshimuto18

FC東京No.14

引用元: 武藤嘉紀 (yoshimuto18)さんはTwitterを使っています.

慶應義塾のサッカークラブの創始は、1921年にまで遡る。初めは慶應ブルー・サッカーと称し、後に慶應アソシエーション・フットボール(ア式蹴球)倶楽部と改称。その後、1927年に「ソッカー部」の名称で正式に慶應義塾体育会に加入した。この名称は初代ソッカー部主将による命名で、このスポーツの俗称である「SOCCER」から「ソッカー」と命名。当時は一般的でなかった外来語の「ソッカー」を採用したのは、「ア式蹴球部」とした場合、1899年以来の伝統を誇る日本ラグビーの開祖「蹴球部」と紛らわしいと思われたためだった。なお、「SOCCER」は、現在はアメリカ英語風に「サッカー」と読み習わされているが、語頭の「SO」はどちらかといえばソに近い発音だという解釈だった。戦後、「蹴」という文字が「当用漢字表」から外れたため、新聞で「蹴球」の代わりに「サッカー」が使われるようになったが、慶應義塾では今でも「ソッカー部」と称しているちなみに、早稲田大学では、現在も「ア式蹴球部」という名称を用いている。

引用元: ソッカー部について.

スポンサード リンク