1 2 3 Next >
  • RSSを購読する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

s_IMGP6007

積乱雲(せきらんうん)とは、何らかの原因で発生した強い上昇気流によって積雲から成長して塔あるいは山のように立ち上り、雲頂が時には成層圏下部にも達することがあるような、巨大な雲のことである。積乱雲の鉛直方向の大きさは雲の種類の中でも最大であり、最高部から最低部までの高さは1万メートルを超えることもある。また、他に雷雲(らいうん)、入道雲(にゅうどうぐも)などの言い方がある。

Wikipedhia – 積乱雲

(下に続きます)
スポンサード リンク

1 2 3 Next >
スポンサード リンク