• RSSを購読する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ナレンドラ・モディ

インドで16日、総選挙(下院)の開票が行われ、最大野党インド人民党(BJP)を率いるナレンドラ・モディ氏(63)が、同国の次期首相として勝利宣言を行った。 インド選挙管理委員会によると、BJPは543議席のうち少なくとも275議席を獲得

 【ニューデリー=岩田智雄】「インドの勝利だ。良い日が来る」。インドの総選挙で、インド人民党(BJP)の歴史的勝利に首相就任が確実なナレンドラ・モディ氏は総選挙の大勢が判明すると、即座に短文投稿サイト「ツイッター」に書き込んだ。MSN産経ニュース
(下に続きます)
スポンサード リンク

 今年で64歳になるモディ氏は、低カーストの茶商の家に生まれ、17歳の時にヒンドゥー至上主義を掲げる団体「民族義勇団(RSS)」に加入した。BJPの党員として政治家に転身してからは徐々に頭角を現し、13年前のグジャラート州首相への当選を機に、その才覚を以てBJPの次代を担う存在となった。ヨガを好み、菜食主義を貫く姿は「修道者」と形容され、厳格なヒンドゥー至上主義者であることを想像させる。インド次期首相の最有力候補、ナレンドラ・モディとは何者か? | THE NEW CLASSIC : 一歩深く読むニュース解説メディア

 「私はヒンズー至上主義者」と公言する。インド西部グジャラート州の寒村生まれ。一族は身分階層で最下層に近いカーストに属しているとされる。ヒンズー教への深い信心を支えに、チャイ(紅茶)売りから首相の座に上り詰める。
 10代からインド人民党(BJP)の支持母体で、ヒンズー教思想や文化の復興、革新を目指す「民族義勇団(RSS)」に参加。雑用係から次第に頭角を現した。ナレンドラ・モディ氏 雑用係から州首相に :日本経済新聞

【ニューデリー時事】過去10年にわたってインドを率いたシン首相が17日、退任した。共に中国との領有権問題を抱える日印両国は、シン政権下で飛躍的に関係が発展。その「立役者」が舞台を去るのを惜しむ声は大きい。ただ、次期首相就任が確実なナレンドラ・モディ氏も親家として知られ、外交筋は「政権交代後も両国の友好関係に変わりはない」と自信をのぞかせる。

モディ氏も、西部グジャラート州首相として日系企業専用の工業団地を造り、積極的な企業誘致を展開。12年7月には日本を訪れ、政府や経済関係者と会談して投資拡大を呼び掛けた。
モディ氏はたびたび、電力や交通などのインフラ整備における海外投資の重要性を強調し、選挙演説では複数回にわたって「日本の新幹線」導入に言及した。インドに新幹線や原子力発電所を売り込みたい日本政府や企業にとって、モディ首相誕生が追い風となるとの見方は強い。時事ドットコム:日印連携の立役者、シン首相退任=モディ政権も路線踏襲へ-インド

インド次期首相、初外遊は日本へ 政権交代後も友好維持 – 47NEWS(よんななニュース) 

もしも日本の首相にインド総選挙で一票を投じる権利があったら、安倍晋三は間違いなくナレンドラ・モディを首相候補とする野党・インド人民党(BJP)に投票するだろう。

安倍とモディはいずれも民族主義者でタカ派の保守主義者であり、多くの問題について見解を共有する長年の友人でもある。今後何年間にもわたって、大いに助け合うことができる可能性のある間柄だ。インドと日本を結ぶ意外な友情 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

一方、モディ氏について日本中心で楽観的な見方に忠告を促す意見もある。

モディ氏については、アメリカとイギリスは約10年前から渡航禁止(ビザの発給禁止)を行っている(イギリスは2012年の渡航禁止を解除した)。

米英がモディ氏の渡航を禁止した理由は、2002年にグジャラート州でイスラム教徒とヒンドゥー教徒の衝突が起き、ヒンドゥー教徒が多数のイスラム教徒を殺害した事件があった時、同州首相だったモディ氏が「見ぬふり」をしたことによる(これは当然ながら米英の判断だが)。インドの新首相モディ氏の二つの顔

スポンサード リンク