• RSSを購読する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kobano

最低人気コパノリッキーが強敵完封!鞍上ともどもGI初制覇!/フェブラリーS

23日、東京競馬場でフェブラリーS(4歳上・GI・ダ1600m)が行われ、2番手でレースを進めた田辺裕信騎手騎乗の16番人気コパノリッキー(牡4、栗東・村山明厩舎)が、直線で逃げ馬を交わして先頭に立ち、そのまま好位から追いすがる2番人気ホッコータルマエ(牡5、栗東・西浦勝一厩舎)を1/2馬身振り切って優勝した。勝ちタイムは1分36秒0(良)。

さらに1.3/4馬身差の3着には、後方から脚を伸ばすも前2頭を捕らえるには至らなかった1番人気ベルシャザール(牡6、栗東・松田国英厩舎)が入った。なお、3番人気ベストウォーリア(牡4、栗東・石坂正厩舎)は13着に終わった。

勝ったコパノリッキーは、父ゴールドアリュール、母コパノニキータ、その父ティンバーカントリーという血統。昨年の兵庫CSを6馬身差で圧勝した後に骨折し、復帰後はオープン特別で10・9着と苦戦したが、この大一番で見事な復活を果たし、鞍上の田辺裕信騎手ともども初めてのGI制覇を決めた。

ソース:netkeibaニュース

(下に続きます)
スポンサード リンク

僅かながらコパノリッキーを狙った人も

ゴール直後のツイッターの様子

スポンサード リンク