• RSSを購読する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日放送の「FNNスーパーニュース」(フジテレビ系)で、内田嶺衣奈アナウンサーが「訃報(ふほう)」を「けいほう」と読み間違える一幕があった。この日の番組では、大相撲元小結でタレントの龍虎さんが29日に亡くなったニュースを伝えたが、そのニュースの冒頭、内田アナが「続いては、『けいほう』です」と述べた。そのまま読み進めようとする内田アナだったが、スタジオでは「ふほう」と内田アナの読み間違いを指摘する声が上がった。内田アナは驚いた様子で指摘があった後方を振り返った後、笑顔で「失礼いたしました」と述べた。そのうえで、「『ふほう』です」と言い直して、龍虎さんの訃報を伝えている。ちなみに、フジテレビ公式サイト内の内田アナ紹介ページでは、特技・資格の欄に「漢字検定2級、日本語検定3級」と書かれている。

引用元: フジテレビ「FNNスーパーニュース」で内田嶺衣奈アナが痛恨の漢字読み間違い – ライブドアニュース.

内田嶺衣奈アナ

(下に続きます)
スポンサード リンク


女子アナに関心を示す・・・

綺麗なお姉さんには優しく・・・

こんな女性たちには厳しい視線を送る・・・

こちらのアナにも一言

落合洋司さんがリツィート

フジテレビとの関係・・・

やはり炎上よくするみたいですね・・・

遠隔操作ウイルス事件とも関係が・・・・

落合 洋司おちあい ようじ

(弁護士、元検事)

1964年広島県生まれ。86年司法試験合格、87年早稲田大学法学部卒業。89年司法修習終了、同年検事任官。94年名古屋地検財政経済係(現・特捜部)、95年東京地検公安部、特捜部(兼任)などを経て00年退官、弁護士。ヤフー株式会社法務部などを経て、イージス法律事務所(現・泉岳寺前法律事務所)設立。東海大学法科大学院特任教授を兼務。編著に『インターネット上の誹謗中傷と責任』など。

引用元: VIDEO NEWS遠隔操作ウイルス事件裁判で問われているもの ».


PC遠隔操作事件で、保釈中の片山祐輔被告の行方が分からなくなっているなか、落合洋司弁護士の事務所に「泉岳寺前法律事務所 片山祐輔様」という宛名のレターパックが届いた。

引用元: 2014/05/19 PC 遠隔操作事件 岩上安身による落合洋司弁護士インタビュー | IWJ Independent Web Journal.

パソコン(PC)遠隔操作事件時、「真犯人を名乗るメールが届いた」というツイートが話題になった弁護士の落合洋司氏だが、先日のツイートがそれ以上に話題を呼んでいる。それは、「アッコにおまかせから、また性懲りもなく電話があったので、二度と電話するなよと言っておいたが、馬鹿だから他にどれだけ伝わるか」というツイートだ。

落合氏が辛辣なツイートを残した理由は、「散々説明させ、ギャラも払わず、番組でも何ら紹介せず」という『アッコのおまかせ』(TBS)のコメントに対するリターンの無さに集約されている。

引用元: 落合洋司弁護士が激怒! 「アッコにおまかせ」ギャラ問題で露呈した、TBSの謎と闇|TOCANA.

スポンサード リンク